食べ残さずに
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/30 (Mon) 歴女よ、注目!

熱海町歩き
熱海の人々は、熱海に、熱中している。

土地に惚れ込み、真の魅力を発信しようと「熱海まち歩きガイドの会」を発足。ガイドブックにはないディープな情報をつぶさに掘り起こしているため、この会を頼るマスコミも多い。

1月上旬に訪れたときは、「実は、逢初橋(あいぞめばし)は3つある」と明かしてくれた。

「逢初橋」は親の定める縁談から逃れてきた北条政子と源頼朝が出会った場所といわれ、国道に架かる朱塗りの橋が有名だが、「本当はココ」と看板で宣言しているのが2つ目。小さな石の太鼓橋(写真右、般若院前バス停そば)。

「でもね、最近の調べで判明したのが、なんとココらしいのよぉ〜」と嘆きつつ笑いつつ連れられたのは、プラスチックのパイプがひた走る水路の上(写真真ん中、岸谷バス停そば)。ドラマチックな恋からはほど遠い景色だナ…。
あるテレビ局は「絵にならない」と見過ごしたらしいが、その気持ち、よく分かる。「歴史って美しく塗り替えられていくのよね」とガイドさんもしみじみ。

そんなふうに、他の観光スポットでは味わえないような、ユニークな骨太の案内もしてくれる。絶景の「般若院の足湯」(写真左)もすぐ近く。

★ 2月5日(日)まで「林家三平の日帰り彩前線」で「熱海の花」と「温泉情報」を放送中。

関連記事
スポンサーサイト

温泉・入浴 |


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。