食べ残さずに
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/06/19 (Sun) 気分爽快、パンツ臭っ(ロウリュウの楽しみ方)

6月放送の『林家三平の日帰り彩前線』(JCN関東)で、ベトベト汗とサラサラ汗についてお話した。

本_岩盤浴の秘密「汗」の一番の仕事は、体温調節をすること。汗をかくと皮膚から蒸発し→体の熱を逃し→体温を下げてくれる。ただ、ジョギングや高温サウナなどでドッとかくベトベト汗(ミネラル成分や臭い成分が多い)より、岩盤浴などで時間をかけてじっくりかくサラサラ汗(水に近い)のほうが蒸発しやすく、同時に新陳代謝も高める、と。


番組では人気のロウリュウサウナも体験し、熱波による皮膚刺激にエキサイティング! で、しばらく経つと…ぷぅ〜ん…むむ…臭っ。汗でぬれたパンツが鼻ツマミだ(通常下着は着用しない)。「これがベトベト汗か」と眉をひそめながら学習しつつも、気分は爽快☆ ベトベト汗とて悪い汗ではなさそう。

toda[↑岩盤浴の魅力と汗の働きについてよくわかる『発汗健康法 岩盤浴の秘密』(五味常明 著/ハート出版発行)。番組で参考に]


そこで、汗に詳しい五味常明先生に電話でお話を伺った。


「体の深部をじっくり温めることで出るサラサラ汗も、体の表面を急激に温めることで出るベトベト汗も、どちらにしても、汗をかくのはいいこと。むしろベトベトのほうが老廃物を多く排出します。ただ体温調節をして新陳代謝を高めるという汗本来の働きを発揮するのはサラサラ汗。よってロウリュウへ行く前に、半身浴で体の深部を温めておくのがいいでしょう」と。


まさにお風呂があるからこそできるサウナの活用法。ぜひお試しを!


★ 写真は埼玉にある「天然温泉 七福の湯 戸田店」(写真提供:当館)。関東初登場した、温度や湿度の異なる多彩な岩盤浴ゾーン「チムジルバンスパ」は7月1日(金)にパワーアップしてリニューアルオープン(6/29、6/30は休館)。当館については、6月26日(日)まで『林家三平の日帰り彩前線』(JCN関東)にて放送中

関連記事

温泉・入浴 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。