食べ残さずに
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/10/10 (Mon) 数字で温泉観察

思川温泉先週、番組でお話しした「数字で見る埼玉の温泉の特徴」は、「環境省_平成21年度温泉利用状況」を参考にした。全国47都道府県の源泉数や湧出量、泉温などが比較できるデータだ。
昨日、取材に向かう新幹線で、改めてこの表とにらめっこ。源泉総数がもっとも多いのは大分県の4790本で、2位鹿児島の2753本を大きく引き離し、しかも42度以上の高温泉が全体の86%も! 別格だなぁ。
帰路はカメラマンさんと近場の「小山 思川温泉」で疲れを取ることに。なかなかスペースの空かない人気の浴槽は「源泉湯」。肩までどっぷり入れる深さで体温に近い湯温だから、入る人、入る人が、ついつい長湯。この源泉で茹でた「源泉たまご」も人気者で最後に残った1個をパクリ。ほんのり塩味でほっこり美味。

★10月放送の「林家三平の日帰り彩前線」は、地域に愛されている野天風呂蔵の湯鶴ヶ島店をご紹介。

★「小山 思川温泉」はナトリウム-塩化物温泉

関連記事

温泉・入浴 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。